イニシャルコスト

●温水床暖房の設備費用は、温水ボイラ等の熱源機器類の設置工事と、各暖房室床面に敷設される床暖房放熱パイプ又は温水パネル(マット)の設備工事及び、その間を連絡接続する温水配管設備工事・自動制御装置設備工事等で構成されます。

●放熱パイプ又は温水パネル(マット)の種類及び施工方法は建物の床構造により適・不適があり、設備費用も大きく異なりますので、詳しくは、当工業会加盟の会員名簿のページをご覧ください。

設備費の目安

室内平面図(試算条件)

○木造住宅(基準断熱あり)

○床暖房実施室(3室)

・居間(25m²)

・食堂(7.5m²)

・台所(2.5m²)

○機械室に設置の熱源ボイラより、各室に3系統分岐で温水配管施工

○床仕上げは別途工事とする

  機器・部品類の価格及び標準工事費の合計
熱源機器類設置工事(温水ボイラ等) 約150,000円〜430,000円
床暖房放熱器設備工事
※放熱パイプ又は温水パネル(マット)
約460,000円〜730,000円
熱源機〜各暖房室間の配管工事費
自動制御装置(3室個別制御) 約90,000円〜120,000円
3室(35m²)床暖房の設備費合計<目安> 約700,000円〜1,150,000円
(21,000円/m²〜35,000円/m²)

 

戻る ページトップへ戻る