HOME > 温水床暖房とは > 電気式との違い

電気式との違い

床暖房には大きく分けて温水式のものと、電気式のものがあります。どちらも床を暖めるという点では同じですが、それぞれ特性、メリットがあります。ここでは温水式のメリットについてご紹介します。

たくさんのお部屋に設置するなら

1台の熱源機で住まいをトータルにコーディネイト電気式は、使用頻度や設置範囲によっては電力に限りがあるため、新たな配線工事がその都度必要になります。温水式の場合は暖房用温水を作る熱源機が1台あれば、広い面積や数多くの部屋に設置したり、使用頻度が高くても心配いりません。

部屋を増やしたり、床暖房に限らず他の暖房を検討する際はやはり温水式がおすすめです。熱源機には、給湯やおふろ機能を備えたタイプもありますので、1台の熱源機で住まいをトータルにコーディネイトできます。すなわち、効率良く快適なくらしが実現するというわけです。

ホットカーペットと比べると

ホットカーペット ホットカーペットは部分的な補助暖房であり、お部屋全体はなかなか暖まりません。寒い冬などは他の暖房機との併用が必要です。

ホットカーペットはほとんど3畳以下のサイズと小さく、触れている部分だけが暖まるので、温水床暖房のようにお部屋全体をムラなく暖められません。また、オフシーズンには収納することの多いホットカーペットと異なり、温水床暖房は収納の手間や場所が必要ありません。

戻る ページトップへ戻る