HOME > 温水床暖房とは > 温水床暖房の特徴 > 健康的でクリーンなぬくもり

健康的でクリーンなぬくもり

室内の温度ムラを押さえ水蒸気も発生させない温水床暖房は、結露しにくく、人体に有害なカビやダニの発生を防ぎます。また、燃焼などで部屋の空気を汚すことがなく、ほこりをまい上げたり目や喉の乾きの原因となる風もないのでとてもクリーン。温度が一定なのでおやすみの時にも快適です。

乾燥しすぎず、肌がかさかさしない

温風暖房は、風が直接当たると体温が奪われて寒く感じたり、のどがかわいたりします。床面からのふく射、伝導、対流で暖める床暖房は、風がなく、日だまりのようなおだやかな暖かさ。女性のデリケートな肌にはうれしい暖かさです。

肌の水分量の変化を比較

肌の水分量の変化を比較グラフ「肌の水分量の変化を比較」

肌の水分量測定装置で、女性の肌の乾燥具合を測定。
床暖房の数値は2時間たっても変わりませんが、温風暖房は6割近くダウンしました。
肌から水分が奪われています。

 

円グラフ「肌のカサカサがやわらいだ」円グラフ「不快な風を感じなくなった」

ハウスダストが減少して、クリーンな室内に

温風暖房と違い温水床暖房は風がないので、ほこりを舞い上げることがありません。ぜん息やアレルギー症の方や小さなお子さんのいるお宅には、ほこりを舞い上げずハウスダストの少ない床暖房がおすすめです。

■ぜん息のアレルギー源
円グラフ「ぜん息のアレルギー源」

(アレルギー臨床研究所慢性疾患患者の生活指導管理表)

室内に舞うほこりの比較

室内に舞うほこりの比較室内の空気をかきまわし、スーパーアイ画像で時間経過を観察。 2時間後、温風暖房機は空気中にほこりが舞っていますが、床暖房はおさまっています。

寝つきがよくなり、熟睡できるようになる

温風暖房は室温が常に変化するため寝苦しさを感じますが、温水床暖房は一定した温度が続き風もありません。「寝室に床暖房」で気持ちのよい睡眠が得られます。

眠りの深さを比較

眠りの深さを比較円内は脳波のコンピュータ解析画像。室温が安定している床暖房は「青」の熟睡サイン。室温変化が激しい温風暖房は、眠りの浅い「赤」のサインが出ています。

ダニやカビの繁殖を抑えます

寒い季節には暖かい空気に含まれる水蒸気が冷たい壁や窓で結露します。このジメジメがカビ、ダニなどが発生する原因となります。結露によるカビは人に有害なことはもちろん、住まいの大敵。温水床暖房はこの結露を防ぐように壁や窓際など住まい全体を、一定の温度で穏やかに暖めますから、結露やカビ・ダニの発生を緩和します。

室内燃焼暖房と床暖房イラスト

カーペット中のダニ除去率

カビ・ダニの繁殖を抑えるうえに、カーペット仕上げの場合もダニ退治に効果的です。

カーペット中のダニ除去率

(大阪ガス実測値)

<床暖房加熱追い出し+電気掃除機>

床暖房で加熱し、ダニがカーペットからはい出したところを掃除機で吸い取ります。

 

戻る ページトップへ戻る