HOME > 温水床暖房とは > 温水床暖房の特徴 > 温度ムラなく、家中が快適に。

温度ムラなく、家中が快適に。

温水床暖房はスイッチを入れてから部屋が暖かくなるまでの時間が短く、お部屋全体をムラなく暖めます。
トイレや廊下、玄関など他の暖房器具が置けないような場所でも床暖房なら設置できるので、家中隅々まで快適な温度を保つことができます。

立ち上がりも早く、温度ムラも少ない

スイッチをオンにすると、温水ならではのパワーで一気に立ち上げ、お部屋をすばやく快適温度に暖めます。
温水床暖房はスイッチONから約30〜60分※で暖かくなり、電気式パネル型※より早く暖まります。寒い朝などはタイマーをセットしておけば、立ち上がり時間は気になりません。温度ムラも少なく、快適にすごせます。
 

※床仕上げ材など設置条件で異なる。

立ち上がり時間の比較

グラフ「立ち上がり時間の比較」

床表面温度が9℃から27℃になるまでの時間を比較しました。

※木質フローリング根太貼仕上げの場合

温水床暖房/床仕上げ材の下に敷設した温水パネル(マット)に低温水を循環させて暖房。電気式パネル型床暖房/床仕上げ材の下に電気パネルヒーターを根太の間に敷き込み暖房。電気式フローリング一体型床暖房/床仕上げ材のフローリングの中に電気ヒーターを組み込んで暖房。

温度ムラの比較

図「温度ムラの比較」サーモグラフィによる床表面温度の比較です。

温水式と電気式パネル型は均一に暖まりますが、電気式フローリング一体型は温度ムラを生じることがあります。

温水床暖房/床仕上げ材の下に敷設した温水パネル(マット)に低温水を循環させて暖房。電気式パネル型床暖房/床仕上げ材の下に電気パネルヒーターを根太の間に敷き込み暖房。電気式フローリング一体型床暖房/床仕上げ材のフローリングの中に電気ヒーターを組み込んで暖房。

おだやかな暖かさでお年寄りにやさしい

お年寄りは体が冷えやすく、体温調節機能が衰えています。風が当たって体温が奪われるのもつらくなります。
ふく射や熱伝導による床暖房なら、部屋の隅々まで風のないおだやかな暖かさ。足元から暖かいので、活動的になります。

 

急激な温度変化のショックを比較

温度変化のショックを比較夜中にトイレに行こうと暖かな寝室から急に寒い廊下に出ると、血圧と心拍数が急激にあがる。特にお年寄りは、脳卒中や心臓疾患を起こしやすくなります。

床暖房ならトイレのような狭い場所、玄関や廊下などふつう暖房器具が置けないようなところにも設置できます。これで家中の温度差をなくすことも可能です。

戻る ページトップへ戻る