HOME > 販売・施工業者のみなさまへ > リフォームで温水床暖房を設置する > その他、床暖房施工時に行う設備側工事(システム施工)

その他、床暖房施工時に行う設備側工事(システム施工)

配管と室内にリモコンの取付け

熱源機と床暖房放熱器を結ぶ温水配管には、架橋ポリエチレン管、銅管を使用するのが一般的です。温水配管には断熱材と一体化されたものをお薦めします。
床暖房をする部屋の操作し易い場所に床暖房コントローラ又は室内リモコンを取り付けます。

配管と室内にリモコンの取付け
ページトップへ戻る

屋外への床暖房用熱源機の取付け

通常、床暖房用熱源機には、温水循環ポンプが内蔵されています。循環ポンプを内蔵していない場合には、所定の流量が確保できるポンプを設置する必要があります。

屋外への床暖房用熱源機の取付け
ページトップへ戻る

完成検査と試運転

完成検査は、原則として床暖房システムメーカーの要領に沿って仕上げ材工事完了後に行ってください。 この場合の主な検査項目は次の通りです。

 

戻る ページトップへ戻る